FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xperia X Performanceを使ってみて感じた点 #Xperiaアンバサダー

IMG_20160619_034446.jpg
Xperia X Performanceのモニター機をお借りしてはや2.5週間。

もうそろそろ返却時ですねー。名残惜しいです。

やはりスマートフォンでの閲覧時の不具合が目立つので、Wordpressで投稿している同記事のリンクを掲載します
Xperia X Performanceを使ってみて感じた点 #Xperiaアンバサダー -B-Gadget

6/20 12:40:追記ツイートの表示が間違っていたので修正。また、Wordpressへの誘導追加。

良いと思った点


1.通知バーを開く際の挙動
普通のAndroidスマートフォンの場合、

・一本の指で通知バーをスワイプすると通知閲覧
・二本の指でスワイプすると簡易設定画面

となりますが、Xperia X Performanceの場合だと

・一本の指で画面の上半分までスワイプなら通知閲覧
・一本の指で画面の下半分ほどまでスワイプすると簡易設定画面

となります。
一本の指で両方共こなせるのは便利ですね。

・参考動画



▲502SO



▲Nexus5X

2.指紋認証の早さ
自身のTwitterや、他の人も触れている通り、指紋認証のスピードが非常に早いです。
自身としては比較対象としてNexus5XとiPhone SEをとっています。
これらの機種も決して遅くない反応速度を誇りますが、早さではXperia X Performanceに勝てない印象です。

・参考動画







悪いと思った点


1.タップで画面点灯の反応があまり良くない
XperiaシリーズはXperia Z2の頃から「タップで画面点灯」という画面点灯機能が備わっています。
これは「画面非点灯時にタッチディスプレイを二回タップすることでスリープから復帰して画面を点灯させる。」という機能なのですが、Xperia X Performanceではどうにも反応が悪く、感覚としては2,3回に1回反応するかしないか、という感じですね。

・参考動画




2.スマートクリーナーの挙動について
他のフラッグシックモデルと比べてRAMの少なめのXperia X Performanceには、「スマートクリーナー」というタスクキル機能がついています。
これは「RAM使用率が80%を超えるとタスクキルを行い、RAMを確保する」という機能らしいのですが、この「RAM使用率80%」というのが意外と簡単に超えてしまうみたいで、頻繁にタスクキルが行われ、その度にアプリを起動し直さなければならないという非常に面倒な印象を得ます。
幸い処理能力は高いのでアプリ起動自体に時間を取られるようなことはないですが、それでも毎回起動画面を表示されるのはストレスが溜まります。
これを回避するには、頻繁に使うアプリをタスクキルしないように設定する、もしくは同機能をオフにするといったことで対策ができます。
しかしこの機能を付けるくらいなら、他のメーカーのフラッグシップモデルのようにRAMをあと1GB増やしても良かったのでは、と思います。




改善して欲しいと思った点


1.画面非点灯時の操作性ついて
「非点灯の操作性?またスピリチュアルなこと言ってやがるな」と思われるかもしれませんがここは私的に譲れません。
以前、自分が使ってきたスマートフォン「Moto X」には優秀な画面点灯機能があり、Nexusにも同じような機能が搭載されています。
Moto Xの機能としては「Moto Display」、Nexusの機能としては「Ambient Display Mode(「アンビエント表示」など、若干の表記ブレあり)」という機能です。
具体的にどういう機能かというと、「端末を持ち上げた際に画面を点灯させる」、また「通知を受け取ったときに画面を点灯させる」というものです。
機能的にはシンプルなものですが、これが非常に優れていると思います。
また、Nexusについては画面非点灯時でもNexus Imprintによる指紋認証が出来ます。
それに対してXperia X Performanceが画面非点灯時に出来ることは、反応のあまり良くない「タップで画面点灯」のみです。
あくまで他のスマートフォンとの比較となるので、「悪い点」というわけではないですが、私的にはこの点を強化してもらいたいように感じました。

・参考動画




▲Moto Display  by Moto X Play




▲Ambient Display Mode by Nexus5X

2.カメラ機能の少なさ

Android5.0からカメラのAPIが強化され、RAW撮影やマニュアルフォーカス、露光時間調整などがサポートされるようになっていますが、「カメラ機能を推しているにもかかわらず」、これらの機能に対応していません。

確かにスマートフォンのカメラ機能にそれらが必須か、といえばそれはないでしょう。

しかし、カメラという一機能を推している以上は、その機能をもっと使えるように追求して欲しいな、というのが正直なところです。

あとはちょっと気になる点としては、カメラを起動した時に画面が標準の調光のままの点。気の利くスマートフォンだと、カメラ起動時に輝度を最大まで引き上げてくれますが、Xperia X Perfomanceにはそのような挙動が見受けられないですね。

あとはスマートフォンのカメラのダイナミックレンジが狭いにもかかわらず、オート撮影でHDRが使えなくしてあるのはちょっと違和感があります。(と言っても自分もよくわかってないのであんまり言えないかもしれませんが…)

・参考画像

Screenshot_20160619-043031.pngScreenshot_20160619-043042.png

Screenshot_20160619-043050.pngScreenshot_20160619-043054.png

Screenshot_20160619-043059.pngScreenshot_20160619-043117.png

▲ISOと露出と色温度が設定できます。しかし、露出と色温度の設定がオート撮影のほうが便利になっているような気が?(6枚目のみプレミアムおまかせオート時の露出・色温度設定)

 




まとめ


Xperiaアンバサダーとしてひとつ結論を出さなければいけない点としては、「買いかどうか」というところだと思います。※注:違います

前モデルのXperia Z5から主観的に見て変わったと思う点は以下の4点です。




・LTE Categoryが6から9へ

このことにより、3波キャリアアグリゲーションによる最大DL450Mbps、UL50Mbpsのサービスを受けることが出来ます。

・Xperia X Performanceで受けることの出来る各キャリアの最大通信速度

・・docomo:DL375Mbps,UL50Mbps

・・au:DL370Mbps,UL12Mbps

・・Softbank:DL262.5Mbps,UL37.5Mbps




・Xperia Z5で受けることの出来る各キャリアの最大通信速度

・・docomo:DL262.5Mbps,UL50Mbps

・・au:DL300Mbps,UL25Mbps

・・SoftBank:DL187.5Mbps,UL37.5Mbps




・筐体が全体的に丸みを持ち、持ちやすいデザインに

以前までのZシリーズは主に角ばったデザインをしていましたが、今回はカーブディスプレイなどを使うことにより、片手で比較的持ちやすい形状になっています。

Xperia Z Compactシリーズよりも持ちやすいか、と言われると難しいところなので、気になる方は是非店頭で触ってみることをお勧めします。




・バッテリーの長寿命化

バッテリー充電の最適化をし、バッテリーの寿命を延ばす技術が取り入れられているため、バッテリー交換の必要のない期間が長くなります。

ただ、肝心のバッテリー容量が少なめなので、総合的に見ると微妙な部分もありますが、これは長く使ってみないと効果を実感しづらいところでもあるため、明言は避けておきます。




・近距離無線通信のアンテナ部分の大幅な変更

以前の、というか殆どのスマートフォンの場合はNFC/FeliCaのアンテナが端末の背面にありましたが、この端末は前面の左上になります。

この事について個人的には「これはこれで使いやすい場面もある」と思っているので、明確に賛否の意見を持っていません。

ですが、ユーザビリティを不要に変えるようなことは避けるべきではあるとも思うので、もし必須の理由がなければ背面のままが良かったかもしれない、という考えはあります。




以上の4点を気に入る、またはネックに思わない方には「買い」だと言えると思います。

全体的なパフォーマンスとしてはXperia Z5と大差ない上に絶対的に優位だといえる点が少ないため、Xperia Z5を持っている方としては今回は見送ったほうが良いと思われます。

他のメーカーの端末を持っている方はへの訴求性としては…デザインの感覚ですかね。
基本的にAOSP UIを踏襲しているので、基本的にすっきりとしたUIをしていると思います。
握ったら画面点灯したり、虹彩の生体認識などの特殊なことは出来ませんが、基本的には可も不可もないモデルになっていますので、ちょっとでも興味を持たれた方は一度店頭でデモ機を触ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
プロフィール

エリシス

Author:エリシス
「ゆかりんかわいい」と発言したときに、8割くらいの人に「田村ゆかりか?」と言われることに納得ができない系のケータイオタクです。ちなみに「八雲紫か?」とも言われたことあります。
アカウント:@B_Gadget

カテゴリ
リンク
楽天ブロードバンドLTE
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。