FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LTEで利用されている帯域などまとめ2 <追記しました>

ltelogo.jpg

最近auがいろいろ問題起こしちゃってますね。

そのあたりについて触れつつ、再度ご紹介します。
現在展開中の周波数帯

サービス名(通信方式)
 周波数(バンド)※備考

docomolog.jpg
Xi(FD-LTE)
 2100MHz(Band1)
 1500MHz(Band21)
 800MHz(Band19)

予定 
 1800MHz(Band3) ※今年末予定
 700MHz(Bamd28)

FOMA(HSDPA)
 2100MHz(Band1)
 800MHz(Band6/19)

 1700MHz(Band9)※東名阪エリアのみ


今現在は安定して利用できているようです。
ただ、Band21を用いた「下り100/112.5Mbps」利用可のエリアがはっきりしないのでこれのエリアマップ提供をお願いしたいですね。

前述のとおり、一つポイントですが、「下り100Mbps!」などと謳われている機種も、展開地域が限られているので、Xiエリア内だからといってその恩恵が受けられるわけではないのという点を注意したいところです。
これは他のキャリアでも言えることなので、ドコモの機種を買う以外の場合でも注意しましょう。

蛇足ですが、だいたいどこでもベストエフォート37.5Mbpsのエリアだと思います。
※都市部を除く

あと、今年末展開予定のLTE Band3はドコモに下り、上り各20MHz幅保有があり、それの全幅利用出来るようになるのであれば最大速度は下り150Mbpsになると思います。
※LTE Cat.4対応の場合

ちなみに今日本でリリースされているもので、これの恩恵が受けられるものは「GL07S(EMOBILE)」だけだと思います。
ドコモの端末は残念ながらすべて非対応です。
秋や冬の発表を待ちましょう。
まぁこれも蛇足になりますが(

※GL07SはLTE Cat.4対応、またWCDMA B1/9 LTE B3に対応するため、FOMAも利用可能です。プラスエリアは無理です。
なお、スペック上対応しているだけで実際には利用できない場合もありますので、小話程度に留めていただけるとありがたいです。


<追記>
神奈川県の一部地域で7/31より、LTE Band3 20MHzのフィールドテストが始まっているようです。
気になる方は探してみましょう。


au-logo.jpg


4G LTE(FD-LTE)
 2100MHz(Band1)
 1500MHz(Band11)
 800MHz(Band18)

予定
 700MHz(Band28)
 
 2500MHz(Band41?)※UQ,WiMAX2+ <追記>
+WiMAX(WiMAX)※規格が特殊なので割愛

CDMA 1X WIN(CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A)
 800MHz(BC0)
 2100MHz(BC6)


サービスエリアについてはこちらから→http://www.au.kddi.com/service_area/index.html

以前、LTE B1はApple系(iPhone5など)専用になっていましたが、今夏よりAndroidも対応しているようです。(SOL22など)

先月、「auのLTEの人口カバー率は14%!」なんてとんでもないこと言われてた気がしますが、これは誤りなのでauユーザーさん、またこれから機種変更をしようとしている人は安心してください。

この「14%」という数字ですが、これはあくまでLTE B1の電波帯域を10MHz幅利用し、「最大速度75Mbps」となっているエリアの話になります。なので、最大速度37.5Mbpsのエリアはこれよりもずっと広く...といってもauがLTE B1の人口カバー率を示さないのでなんとも言えないですね。
少なくとも筆者が住んでいる市町村では、先々月あたりにサービスインしたようです。

なおLTE B1はドコモやソフトバンクでも使われている帯域なので、これらで通信できる端末だとauのLTEのみ利用できる場合があります。
接続報告もちらちら見ますが、筆者がau 4G LTEの回線を所持していないのでノーコメントを貫きます。


<追記>
UQに2.5GHzが追加で20MHz割り当てられたようで、早くも今年10月よりWiMAX2+のサービスが始まるようです。
まだ冬機種のリーク情報がないので、期待して待ってみましょう。


SoftBanklogo2.jpg

SoftBank 4G/4G LTE(TD-LTE/FD-LTE)
 2100MHz(Band1)
 1800MHz(Band3)※ダブルLTE

 2500MHz(Band41)※AXGP <追記>

予定
 900MHz(Band8)


SoftBank 3G(DC-HSDPA/HSPA+/HSDPA)
 2100MHz(Band1)
 1500MHz(Band11)
 900MHz(Band8)


サービスエリアについてはこちらから→http://mb.softbank.jp/mb/service_area/



3月よりEMOBILE LTEを用いた「ダブルLTE」のサービスが始まっているようですが、EMOBILE LTEのエリアがいきなりこの「ダブルLTE」のサービスエリアになるわけではないので注意が必要です。
筆者が確認した範囲では、6月8日現在で名古屋にサービスインしていました。(名駅東側あたりで発見)

ちなみに筆者は「三大都市くらいサービスインしてるだろう」と思っていたので9日に大阪で確認をせず、その夜に「名古屋にダブルLTEサービスイン!」との記事を見て、大阪で確認しなかったことを後悔しました...
誰か確認してますかね?

今後の予定はわかんないですが、とりあえずiPhoneでそのうちAXGPに対応するんじゃないかなぁと思ってます。
噂もありましたし。


em01.jpg

EMOBILE LTE(FD-LTE)

 2100MHz(Band1)※ローミング,GL07Sのみ,softbank <追記>
 1800MHz(Band3)

予定
 700MHz(Band28)

EMOBILE G4(DC-HSDPA/HSPA+)
 1700MHz(Band9)


サービスエリアについてはこちらから→http://emobile.jp/area/area.html

以前の予想通りLTE B3が大注目されており、通話、3Gが使えなくともHTC OneやRazr HDを元気に使ってる人をちらほら見かけます。

今のところ「EM01F」という全くEMOBILE網を利用しない機種の発売を控えているようです。
※201F ARROWS Aのキャリアブランド違い版のようなもの

ちなみにこの機種、筆者は最初「EMOBILEから発売ならSIMフリーで発売する!」と心躍っていたのですが、大方の予想や噂としては「SIMロック品」だということであんまり心躍らない感じです。

<追記>
8月末より全エリアWCDMAを5MHz幅に、LTEを10MHz幅になるようです。
これでWCDMA利用時の最大速度は42Mbps→21Mbpsとなりました。
なお、LTEはすでに10MHz幅で展開されているところもあるので、そのエリアではあまり関係のない話になります。



まとめ

前の記事を書いた時点では、auがLTEの人口カバー率が高く(Androidのみ)安定するんじゃないかなぁと思っていたのですが、度重なる障害によってそこまでイメージのいいものではなくなりました。
ドコモとソフトバンクは相変わらずって感じですね。両方ともLTE B21とダブルLTEのエリアをしっかり公開して欲しい感じではありますが。

あと、この前総務省が「繋がりやすさ表記におけるガイドラインを作成する」といっていましたが、筆者から言わせてもらいますと、「どのみちユーザーは繋がらなければ意味が無い以上、ガイドライン作成で必ずしも改善するとは限らない」と思いました。
それこそこの前のどこかのキャリアの話ではないですが、「山手線外回りでこれだけ繋がったから良いキャリア!繋がらなかったから悪いキャリア!」みたいなものは局所でしか意味がありません。
こういう記事のまとめとして、それの結果だけを宛にするのであれば誇張表現もいいところですね。

これについても結果を見てみないことにはわからないので、「それには意味が無い」とばかり思わず、純粋に期待したいと思います。


<追記>
特に書くことはないんですが、やはりWiMAX2+は気になるとの一言だけ。
あと、そのうちこういう系の記事は書きなおして見やすくするつもりです。
スポンサーサイト

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
プロフィール

エリシス

Author:エリシス
「ゆかりんかわいい」と発言したときに、8割くらいの人に「田村ゆかりか?」と言われることに納得ができない系のケータイオタクです。ちなみに「八雲紫か?」とも言われたことあります。
アカウント:@B_Gadget

カテゴリ
リンク
楽天ブロードバンドLTE
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。